正しいシャンプーのやり方。オススメの方法は?

正しいシャンプーのやり方

ヘアケアの第一歩は、シャンプー。
正しい方法を知るだけで、抜け毛はかなり防げます。

今回は、知っているようでいて意外と知られていない、正しいシャンプーの仕方です。

★正しいシャンプーの仕方

1)ブラッシング
シャンプーをする前に、まずブラッシングします。
このときに、静電気の少ないウッドブラシなどを使うと髪の毛への負担も軽減します。
頭皮の血行が良くなり、髪の毛のからみやほこりは、ある程度取れます。

2)ぬらす
約2-3分、少し熱めの(40度くらい)温度ですすぎを行います。
ぬらす時間、30秒ぐらいで済ませてしまっている方が多いのではないでしょうか?2-3分って、意外と長いのです。

この「すすぎ」の作業で髪の汚れは70%程落ちてしまいます。

3)シャンプーをつける
シャンプーは、直接髪に付けるのではなく、あらかじめスポンジなどで立てた泡をつけます。こうすることで、髪の毛同士の摩擦を防ぎます。
爪は絶対立てず、指の腹でマッサージするように、地肌を洗うことを意識します。

シャンプーの仕方は「毛の流れに逆らう」が基本。下から上へと洗います。

4)すすぐ
洗い残しがないように十分すぎるくらい洗い流します。地肌に残ったシャンプーは、抜け毛の原因になります。

基本的に2度洗いはNGです。避けましょう。
どうしても気になる方は、1度目の量の半分の量でシャンプーします。
毎回汚れがひどくて、泡が立たないという方は、一度シャンプーの回数の見直しを。

★効果的なトリートメントの方法

1)水気を軽く切る

2)髪の毛にトリートメントをつける
このとき、トリートメント剤がなるべく地肌につかないように気を付けます。

3)時間をおく
特にダメージが気になる時は2-3分ほど時間をおくと効果的です。

4)すすぐ
洗い残しがない様にシャンプーの時と同じくらい、十分にすすぎます。

★髪の毛の乾かし方

タオルで髪の水分を拭き取ります。ゴシゴシと強くこすらないように、また髪の毛同士をこすり合わせないように注意します。
ドライヤーは、頭皮から15cm以上は離し、熱風が一ヵ所に集中しないようにします。指でかき分けながら乾かすと早いです。
髪が濡れたまま寝てしまうと、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮をいためてしまいます。眠たくても必ず乾かしましょう!

★シャンプーの選び方

シャンプーは、アミノ酸系の洗浄剤だと、地肌と髪にダメージを与えず、汚れはキチンと落としてくれます。
お値段は、スーパーで売っている石油系のものと比較すると高めになりますが、良心的な価格のシャンプーもあります。

たとえば、こちら→ アミノ酸馬油シャンプー

<成分>
・高級なアミノ酸を配合
・新鮮で上質な馬油を使用
・無香料、無着色、パラベンフリー

<手触り>
●ヘアシャンプー
・見た目は透明ですが、薄黄色のはちみつのようなテクスチャー ⇒少しとろみがあります!
・柔らかい泡立ちです。

●ヘアトリートメント
・白い濃厚クリームのようなのテクスチャー ⇒べたつかず、伸ばすとさらっと広がります!

<匂い>
 無香料ですが、オレンジ油・レモン果皮油により、どちらも、ほんのり柑橘系の香りがします。
 馬油独特の匂いがしないので、馬油の匂いが苦手な方にもおすすめです。

<仕上がり>
 しっとりツヤツヤに仕上がります。乾燥でパサつきやすい髪の方におすすめです。

定期購入するとシャンプー250ml・トリートメント200gのセットが、初回が半額で送料無料!!!
その上、いつでも休止・解約が可能です。

プレゼントなどもありますので、詳細は公式ページをご覧ください。

公式ページ→ リマーユヘアシャンプー

シャンプーの香りを残すために、あまり洗い落とさない・・・。なんてやっている若いときがありましたが、知らないってコワイ。
頭皮と髪のためにも、すすぎはしっかりしましょうね!

最後までお読み頂ありがとうございます。ポチッと応援してくださると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply