がんの早期発見に!【がん予防メディカルクラブ『まも~る』】簡単・低コスト・安心!

Akio2017

JV197_72A.jpg

日本人の2人に1人ががんにかかり、3人に1人が、がんで亡くなっているのをご存じでしょうか?
死亡率が高い原因としては、早期発見ができなかった事が主な原因といわれています。

毎年行われる健康診断は、生活習慣病の予防を目的とした検査であって、
がんを見つけるための検査ではありません。
ですから、健康診断とは別に、がんの予防対策が必要なのです。

最近、メディアで取り上げられ、話題になっている、
がんの早期発見をサポートするサービスがこれです↓↓

自宅で簡単!がんリスクを評価する新サービス
 がん予防メディカルクラブ「まも~る」


がん予防メディカルクラブ『まも~る』のサービス内容

1)がんリスク評価
医学界で注目のアミノ酸ALAを活用したリスク評価Noahは、医療機関に行く必要はなく、また腫瘍マーカーなどの血液検査とは異なり、体に苦痛を与えない非侵襲的な尿検査です。
自宅でカンタンに受けられる検査です。

2)健康サポートダイヤル
医師・保健師・看護師など、経験豊富な医療の専門家に、24時間365日いつでも健康相談できます。
がんに限らず、健康のトータルサポートをするための付帯サービスです

3)セカンドオピニオンサービス
ドクターオブドクターズネットワーク評議員を中心に、医学界の専門分野を代表する医大の教授・名誉教授クラスの先生方が総合相談医となり第3者の意見を聞くことができます。
また、必要に応じて優秀専門臨床医の紹介も可能です。

※各種サービスは指定医療機関・委託先が提供


リスク評価Noahの特徴

A)がんの早期発見をサポート
がんは、発生から発がんまで約5~20年ほどの期間がありますが、発がん後は急成長する病気と言われています。
1度の検査で安心していると治療困難な大きさまで成長してしまう可能性があるので、定期的に検査することが重要です。

B)自宅でカンタンに検査できる
Noahは、自宅でカンタンに検査できます。
自宅で採尿することにより、全体的なリスク評価の検査を受けることができます。

C)2つの指標でがんリスクを評価
Noahは、ALA代謝異常の指標(ポルフィリン)と酸化ストレスによるDNAダメージ指標(8-OHdG※)の2つの指標を用いる検査です。
※ 正式名称:8-hydroxy-2’deoxyguanosine

ALA代謝異常の指標(ポルフィリン)とは?

細胞が生きていくためにはエネルギーが必要です。
健康な細胞ではミトコンドリアという細胞内器官がエネルギーを作っています。
しかし、ミトコンドリア機能が低下した細胞では、エネルギーをつくりだすALAをうまく利用できなくなります。
がん細胞では、ミトコンドリアの働きが弱くなり、ポルフィリンという代謝産物が増えていきます。
この代謝産物が増えると尿中にたくさん排泄されるようになります。
ですから、尿を検査することによって、がんのリスクを早期発見することが可能になっています。

詳細は、こちらの動画をご覧ください↓↓ALAでリスク評価↓




酸化ストレスによるDNAダメージ指標(8-OHdG※)とは?
健康な状態では、様々な刺激によって発生する酸化ストレスにも、一定の抗酸化力が保たれていますが、
老化した細胞や病的な細胞では、DNAやタンパク質、脂質などがダメージを受けます。
DNAの材料となるデオキシグアノシン(dG)は酸化損傷を受けやすく、8-OHdGという物質に代わります。
酸化ストレスの増加により尿中の8-OHdGも増加します。
※ 正式名称:8-hydroxy-2’deoxyguanosine


会員制 がん予防メディカルクラブ『まも~る』の会費は?

がん予防メディカルクラブ『まも~る』は、メディカルクラブですが、
がんの早期発見サポートに特化したサービスのため、
3,480円~となっており、高額の会費は必要ありません。

また、家族割、年割、団体割など、各種割引サービスが充実しており
それらを組み合わせることにより、一人1ヶ月あたり、2958円になります。

資料請求、お申し込みなど詳細は、公式ページからどうぞ↓↓

公式ページ→ 最先端技術のがん予防サービス!低コスト3,480円(税別)
がん予防メディカルクラブ「まも~る」


最近、がんを公表されている芸能人の方、多いですよね。
身の回りでも、闘病されている方がいらっしゃいます。
40歳になったら、早期発見対策は、必須ですね。

関連記事
Posted byAkio2017

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply