敏感肌のエイジングケアは、オーガニックコスメで大丈夫? 化学化粧品vsオーガニック化粧品どっちが良い?

Akio2017

オーガニック化粧品と化学化粧品

こんにちは、akioです。本日もご訪問ありがとうございます。

年齢と共に肌のトラブルが増えてきた。これまで使っていた化粧品が合わなくなった。
私自身もそんな体験がありますが、周囲からも同様の話を聞きます。

50代になったら、しっかりとした化粧品を使って栄養分を補わなければ・・・
でも、効果がありそうな化粧品は肌トラブルをおこすし、
かといって、ナチュラルコスメでは物足りない。
これでいいの???と不安ばかりが募ります。

ケミカルコスメ(化学化粧品)vsオーガニックコスメ(オーガニック化粧品)どちらが良いのでしょうか?

|★オーガニック化粧品と化学化粧品の違いについて|


まず、化粧品の違いを知ることから始めましょう。

オーガニック化粧品には、定義があります。

国際的な認証団体に共通する項目としては、
1)石油由来成分の排除
2)動物由来成分の排除 ※生きている動物からの抽出物は除く
3)植物性原料のうち、70~90%以上がオーガニック栽培植物であること

これに対して化学化粧品は、水以外の50~90%が石油由来成分でできています。

オーガニック化粧品と化学化粧品の違い

オーガニック化粧品は、より食品に近い成分からできています。
石油由来の成分は、体内で分解できずに貯まってしまうおそれがあります。

それでは、化学化粧品は危ないのかというと、それぞれに特徴が有ります。

オーガニック化粧品と化学化粧品の違い

炎症そのものを鎮めるには、化学化粧品が優れています。
それに対してオーガニック化粧品は、ターンオーバーを促進して崩れたバランスを整えます。
ですから、即効性では化学化粧品の方に利があります。

薬、サプリメント、食事に例えるとわかりやすいでしょう。
風邪に直ぐに効くのは薬ですが、風邪をひきやすい人はまたすぐにひきます。
休んで養生し、食生活を改善して身体のバランスを整る。そうすれば風邪もひきにくくなります。

美白ケアの働き方を見てみると、
一般的な美白化粧品は、メラニン色素を分解し、メラニン色素の生成も抑えます。

それに対してオーガニック化粧品では
メラニン色素の排出力を高めると同時に、肌そのものを健康にします。

ですから、化学化粧品vsオーガニック化粧品でどちらが良いのか?ではなく、
自分の肌質と目的に合わせて上手な使い分けが大切です。


|★シミ、シワ、乾燥の原因は慢性的な炎症|


実は、肌が年齢以上の老化する原因には、「慢性的な肌の炎症」が大きく関係しています。

「炎症」は、体内に侵入してきた異物に対する防衛反応です。
お肌が炎症という臨戦態勢に入ってしまうと、美容は二の次になってしまいます。

異物がなくなれば、炎症も自然に治まりますが、
私たちの生活では、紫外線、PM2.5、化学物質、スマホやPCなどのブルーライト、ストレス、不規則な生活などが原因で
炎症が慢性化してしまいます。

そうなると、肌は常に臨戦態勢で、美容は後回し。
シミ、シワ、乾燥、肌トラブルが日常的になってしまいます。

この肌のトラブル全般を鎮めるのが、植物の力=オーガニック化粧品です。


|★敏感肌や複合的なトラブルを抱えている肌には、オーガニック化粧品がオススメ|


自分の肌に合った商品探しですが、
スペシャルケア用と日常のお手入れ用で分けて使い分けると、肌の負担も少なくてよいでしょう。

化学化粧品は、パワーのある商品がいろいろあります。
比較的肌が強い方はスペシャルケア用にこんな化粧品もオススメです。

◎ホワイトニングケア重視なら、→ アンプルール
  レビューはこちら→ 【AMPLEUR(アンプルール)】ラグジュアリーホワイト。安定化ハイドロキノンを配合した美白美容液は、保湿力にも優れているので、年齢肌にも効果がありそうですよ。

◎エイジングケア重視なら →【POLA】B.Aの5品ベーシックセット
  レビューはこちら→ ポーラ B.A セラム レブアップ。ベストコスメ賞のエイジング美容液。美肌実力は?


日常的なお手入れや、敏感肌や複合的なトラブルを抱えている肌には、オーガニック化粧品がオススメです
これまで使っていた化粧品が合わなくなってしまった方も、
しばらくオーガニック化粧品を使うことで肌本来の力が戻ってきます。

こちら→ HANAオーガニック

HANAオーガニックは、天然ダマスクローズの再生力をベースにしたオーガニック化粧品です。

これまでご紹介してこなかったので、今回ご紹介しますね。

|★ホリスティック美容のHANAオーガニック化粧品の特徴|


HANAオーガニック

肌が炎症を起こす原因は、そのメカニズムも分かっているのは、まだごく一部です。
ですから、そのごく一部のメカニズムにフォーカスした化学的な対処療法を行うと、
かえって炎症を引き起こしてしまうという悪循環が存在ます。

一方、自然療法や伝承療法の最も優れた効果は、植物の複合作用による炎症を鎮める力であることがわかっています。

HANAオーガニックは、バランスを失っている肌に、炎症を鎮め巡りをよくする作用で働きかけますので
その悪循環に陥ることなく、肌を改善していきます。


★HANAオーガニックの特徴


◎95%以上は天然由来成分です。
◎スキンケアの植物原材料の85%以上は、オーガニックの物を使用しています。
◎植物原料の産地、オーガニック認証などを明確にしています。
◎遺伝子組み換え操作を行った植物は使用していません。
◎石油系合成界面活性剤は使用しません。
◎カルボマーなどの合成ポリマーは使用しません。
◎合成着色料、合成香料、合成増量剤は使用しません。
◎パラベン、フェノキシエタノールなどの合成保存剤を使用せず、植物が持つ天然の防腐効果を利用します。
◎植物エキスの抽出に、石油計溶剤BG、PGなどを使用せず、発酵エタノール、植物性グリセリン、スクワラン、水などを使用しています。
◎石油系合成着色料であるタール色素の原料は使用しません。
◎安全性が確定していないナノテクノロジーを利用した無機物の微粒子(100nm以下)の原料は使用しません。
◎現行商品全てが、100%天然由来成分でできています。

HANAオーガニックでは、エビデンスのある植物成分を使い
オーガニック化粧品でありながら、シミ・くすみに積極的にアプローチしています。

基礎化粧品からホワイトクリームやホワイトジェリー、UVクリームまで揃っています。

使ってみた感想としては、
オーガニック化粧品の物足りなさは、ありませんでした。
肌が本来のチカラを取り戻してくる感じ、かな。
ローズの香りも好きです。


ご興味のある方は、たっぷり7日間使えるトライアルセットがあります。

HANAオーガニック7日間トライアルセット

HANAオーガニック7日間トライアルセットの内容は、
・ピュアリクレイ(洗顔、20g)
・フローラルドロップ(化粧水、15mL)
・ムーンナイトミルク(乳液、8mL)
・ウェアルーUV(日焼け止め、3.5mL)

価格は2,893円相当が『1,480円(税込)』48%OFFです。

詳細は、公式ページをご覧ください。

公式ページ→ HANAオーガニックトライアルセット


各商品の成分については、公式ページに材料、由来、配合目的、原産国など詳細が記載されていますので、
下記リンクから各商品ページをご覧ください。

・ ピュアリクレイ(洗顔)
・ フローラルドロップ(化粧水)

・ ムーンナイトミルク(乳液)

・ ウェアルーUV(日焼け止め)


いくつになってもシワやシミ一つない女性もすごいですが、
年齢相応に美しい女性にあこがれます。
内面から湧き出てくる美しさを感じるから。
そのためにも、自分が本来持つ自然の力を鍛えておく必要がありそうですね。

最後までお読み頂ありがとうございます。よろしければポチッと応援してください。よろしくお願いします。
にほんブログ村 美容ブログ エイジングケアへ  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ

<広告>

関連記事
Posted byAkio2017

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply